月曜日, 11月 28, 2005

今日の発見

前回、入手先が見つからないと書いた洋白材だが、ジュエラリー関連のウェブページを巡回していたところ”線引き”なる技術を発見した。「線引き板」から「エンマ」と言う道具を使い、材料を引き抜いて線材を作る方法。これで、洋白板材があれば丸棒と線材は自分で作る事が出来るわけだ。そういえばイギリスの学校で使った材料にも、何かで引っ張ったような線状痕が有ったのを思い出した。線材の作り方は学ばなかったが、キーポスト用の丸棒(キー用より少し太いもの)から作っていたのだろうか?・・・今思えば、線引き板の様な物が壁に立てかけてあったような気がする。あとの問題はやはりパイプ。ソプラノクラリネットには、それほど長いパイプが必要でないのでドリルで穴を通せばいいのだが、同心度が出るのはパイプだろうなあ。これも線引きで作れないだろうか?径が太いうちに穴を開け、溶かした鉛を詰める。それを線引きすれば、金太郎飴みたいに・・・。それじゃ焼き鈍す度に鉛の詰めなおしが必要か?あっ、キーカップを作るのに太い丸棒が必要なんだった。
←振り出しに戻る

2 件のコメント:

  1. みおです。7:31 午後

    小野口さん。
    はるばる楽天から飛んでやってきましたー。
    かなり素敵なマニアック振りですね!
    内容はちんぷんかんぷんでありますが、身近にそんなおもしろ人が存在することが非常に嬉しいです。
    応援します!!
    わくわくしてます!!

    返信削除
  2. 書き込みありがとう!これからは、面白くて、わかり易い文章が書けるように気をつけます。←自分で読み返しても、ちんぷんかんぷんであります。・・・これでも高校時代は文芸部だったのですが。

    返信削除